山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

かんかん、かんかん、と夕暮れ前からずっと音が続いていた

      2016/12/25

526: 全裸隊 ◆CH99uyNUDE 2006/01/24(火) 23:49:19 ID:CSEDz2D50
夕暮れ前からずっと音が続いている。
かんかん、かんかん、という甲高く、透明な感じの金属音が
速いテンポで聞こえている。
音の出どころは、はっきりしない。
谷間から溢れたその音が空全体に広がり、降ってくるような
聞こえ方だった。
さほど大きな音ではないが、よく響き、途絶えることなく、
ひたすらに続くのが奇妙で、不思議だった。

音は夜半まで続いてから途切れがちになり、静かになった。
向かいの斜面に鬼火のような明かりが見えたが、そこに
何があるのか、確かめようもない。

小屋掛けしている鍛冶屋でもいるのだろうか。
あるいは、自然現象かもしれないなどと思ったが、その前も後も、
その山でそんな音を聞かない。
そんな音をさせ得る神事や祭事も、やはりなさそうだ。

527: 全裸隊 ◆CH99uyNUDE 2006/01/24(火) 23:50:35 ID:CSEDz2D50
翌朝は寝過ごし、9時少し前、静かな山道を歩き出した。
昨日の音は、どこからも聞こえない。
首をめぐらし、見上げると、木の枝と空が同時に見えた。

かん!
一度だけ大きく響いた音が、真上から降ってきた。
眉間に音が当たるのをはっきり感じ、鼻から肩、背中へと走った。
またたく間もない。
何かが叩き出されたように感じ、あるいは、眉間から飛び込んできた
音が、そのまま抜けていったようにも感じた。

気付くと、登山口脇のバス乗り場だった。
意識の上では、音が眉間に当たった一瞬後でしかない。
それでいて、音が当たった後の、山での出来事は鮮明に記憶している。

山道を歩き、昼飯を食い、転んで肘に擦り傷を作り、絆創膏を貼った。
記憶に間違いはない。
肘には絆創膏が貼られている。
バスに乗り、時計を見た。
時刻は、午前9時。
山で過ごした記憶は、やはり鮮明だ。

コメントする