山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

寂しい山道を一人歩いている時、熊さんがふらふらとした足取りで歩いてきた

      2017/06/19

757: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2006/06/19(月) 23:19:52 ID:Y1f7hNfP0
知り合いの話。

寂しい山道を一人歩いている時のこと。
行く手に場違いな影が現れた。
四頭身くらいの頭でっかちな熊さんが、ふらふらとした足取りで歩いてくる。
イベントや遊園地で使われるような、熊の着ぐるみだった。

そういや、この近くに遊園地や映画撮影所なんかがあったっけ。
どちらから紛れ込んだんだろうと考えていると、嫌な臭いが鼻を突いた。
肉が腐ったかのような臭い。前方の熊ぐるみから漂ってくる。
よく見ると、熊の大きな頭が乗っている首の下から胸腹にかけて、黒い染みが
べっとりと広がっていた。

山で怪我でもしたのかと思い、慌てて駆けよろうとした目の前で、熊ぐるみは
躓き前のめりになった。コロン、と熊の頭が転がり落ちる。
ゴロゴロと、何か重い物が作り物の頭の中で転がっているような音がした。
彼はゆっくり顔を上げて、胴体だけになった着ぐるみを見つめた。
着ぐるみの首上、本来は中の人の顔がある空間には、何も存在していなかった。

首なしぐるみは一瞬立ち止まったが、直ぐにまたふらふらと前に進み出した。
熊が落とした頭を拾おうと屈んだ頃、ようやく我に帰った彼は、踵を返して後も
見ずに逃げ出した。

それ以来、彼は着ぐるみを見かけると身構えてしまうようになったという。

コメントする