山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

アイヌの話

      2015/08/23

彼が若い頃の話だ。
彼の親父さんが
「下流にある村に、お前の許嫁の娘が居る。近いうちに顔を見に行くがいい。」
と話すのだが、本人はなかなか行く気にならなかった。
ある日、親父さんがあまりにしつこく言うので仕方なく出かけたんだと。
しばらく歩いていると、どこからか妙な音が聞こえる。辺りは鬱蒼とした森。
耳をすませ、足音をたてないようゆっくりと音のする方へ近づくと、高い立木の上から聞こえてくる。
そこで見上げた彼は驚いた。そこにはなんと大蛇がいたのだ。
太い三本の立木の、広い枝の上にとぐろを巻いて眠っている。
妙な音とは、この大蛇のいびきをかく音だった。
食われると思った彼は、走り出した。
すると大蛇はそれに気付き、木からスルリと降りて追いかけてきた。
彼は人一倍足は速かったが、大蛇はみるみる距離を詰めてくる。
もはやこれまでと思ったその時、前方にスズメバチの巣が見えた。それを見た彼は叫んだ。
「蜂の神様!私を助けてください!」
「助かったら酒やイナウでお礼をし、いつまでも神として奉ります!私を追いかけているあの化け物を殺してー!」
叫びながら、蜂が群がっている木の下をくぐり抜けると、急に静かになった。振り返ると大蛇の体を、蜂の群れが覆い尽くすように止まっていたそうだ。
大蛇は苦しみのたうち回り、やがて死んだ。
急いで家に帰り、親父さんに話すと、親父さんは泣いて無事を喜んだんだと。
その後、蜂の神のために酒を醸してイナウを削り、祭りが行われた。そして彼は親父さんに
「今後3年間は山へ狩りに行ってはならん。」
と、言われたので言いつけを守った。
3年後のある日、川の上流を目指して上って行くと、沢の上流に広い沼が見えたそうだ。
こんな所に沼なんかあったろうか?と思いながら近づくと、なんと驚いた事に、3年前の大蛇が沼の縁を囲むようなかたちで寝そべっていたそうな。
851/2:04/02/21 11:14
死を覚悟した彼は、どうせ殺されるならと思い、腰のタシロ(山刀)を抜いて大蛇めがけ斬りかかった。
すると思いのほかうまく斬れたらしく、三つに斬り分けると、大蛇はあっけなく死んだ。
死体から沢に大蛇の血が流れ、血に染まった水を見ていると無性にその水を飲みたくなって、我慢出来なくなった彼は、事もあろうに水面に顔をつけて、ゴクゴクと飲んでしまったそうだ。
我にかえると、あぁ、これでとうとう大蛇に負けた。
そう思った途端、悔しくて涙が出た。
草の上で横になり泣いているうちに、いつのまにか眠ったようで、
夢か幻か、目の前で、見た事もないような美しい女が彼に語りかけてきた。
「アイヌの若者よ、私は蛇の神だ。私は神の国で似合いの男を探したが居なかったので、アイヌの国に目を向けるとお前がいた。
 三年前お前が婚約者のところに出かけるのを見た私は、お前を殺して命を貰おうと思ったが蜂の神に邪魔されてしまった。
 今日お前が山へ来るのを見た私はわざと殺され、お前に私の血飲ませたのだ。お前は近いうちに死ぬ。これでようやく私とお前は神の国で夫婦になれるのだ。」と。
そこで彼は目を覚まし、急いで家に帰った。
家の外から父を呼び、山であった事を事細かく知らせた。親父さんは一人息子を化け物蛇に取られてなるものかと、山の神の所、川の神の所に連れて行っては、ありとあらゆる神の名を呼び並べ、息子を守るようにお願いしたそうな。
しかし、蛇の呪術のほうが強力だったらしい。
彼の体は目も口もわからない程に腫れ上がり、噂を聞いた許嫁の娘も、二人の兄と一緒に来てくれたが、手の施しようの無い姿を見て、泣きながら帰っていった。
体は日一日と腫れ上がり、今度は肉が解け落ちていくようだった。両親は、神々に救いを求めながら手当をしたんだが、
とうとう彼は死んでしまったよ。

8684:04/02/21 11:15
前スレの934(だったかな?)です。
これもアイヌの伝承で、萱野茂氏の本からの出典ですが、
アイヌの昔話は必ずと言って良いほど一人称で語られます。
そして、「~と語りながら世を去りました。」と言う風に最後に死ぬんですが勝手にアレンジしてみました。
それと、大抵の話はハッピーエンドで終わるのですが、これは珍しいケースのようです。
と言う分けでリクエストがあればまた書きたいと思います。
それと2ちゃん怖いのまとめサイトの管理人様、乙です!
見やすいし良いと思います。
それと雷鳥さんの話もいつも楽しく拝見させて頂いてます。

コメントする