山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

尖った何かが動くのを背中に感じた

      2016/12/25

569: 全裸隊 ◆CH99uyNUDE 2006/01/31(火) 00:41:32 ID:rFQLzn1I0
むき出しになった、硬く真っ黒な地面に大きな石が置かれている。
自然に転がってきたり、地中から顔を出したものではない。
人の手によって削られた、とにかく大きな四角い石だ。

奇妙だとは思ったが、土地の平らな具合や、川が増水した場合の
安全性といった、テントを張るに当たっての要件は満たしている。
古臭い屋根型のテントを張り、さっさと飯を食い、とっとと寝た。

夜中に目が覚めた。
川の水音や、木々が鳴る音がする。
それらに混じって、聞き慣れない音がしていた。
カリカリと何かを引っ掻く音だ。
うつぶせになり、耳を傾けたが、見当も付かない。
寝返りを打ち、仰向けになった時、背中を何かが引っ掻いた。
地面の上に、グランドシートをじかに敷いているだけだ。
グランドシートの下、尖った何かが動くのを寝袋越し、背中に感じた。
痛みはなかった。

大口開けて寝ていた友人を起こした。
二人でグランドシートをめくり、地面をヘッドランプで照らしたが、
黒光りするほど締まった地面があるばかりだ。

外へ出た。
目の前の大石が、カリカリと鳴っている。
どうやら、石の下で鳴っているようだ。
気色悪い一夜を過ごし、翌朝、飯も食わずに出発した。

570: 全裸隊 ◆CH99uyNUDE 2006/01/31(火) 00:42:38 ID:rFQLzn1I0
石の下には何人かの死体があると、後になって知った。
昔、あたり一帯を領有していた大名の当主が、金山探しに
熱中したことがあった。
金山は見つからず、調査は徒労に終わったが、金山探しをさせた
山師の一行は、当然、領内の山をくまなく歩き回っていた。
彼らが将来、他の大名に雇われでもしたら、領内の地理や様子を
詳しく明かす可能性は高い。
その相手が隣国の大名だとすれば、由々しいことになる。

大石の下にあるのは、無論、彼らの死体だ。
言い伝えによれば、彼らはここまで追い立てられ、あらかじめ
掘られていた深さ二丈もある穴に突き落とされ、埋められたらしい。

彼らを埋めた後、その場所の土がひび割れ、
地面が盛り上がるようになった。
何度固めても、ひび割れができ、地面が盛り上がってくるので、
とうとう領主は、墓石と重石を兼ねた大きな石を設置した。
その後、石は持ち上がらなかったが、夜中に音を立てるようになった。
下から石を引っ掻く音が、ひたすら続く。
カリカリと鳴り続ける。
秋、その音は周囲の落ち葉を黄金に変えるともいう。

俺たちが寝ていた真下の地面は、ひび割れもせず、盛り上がりも
していなかったが、何かが走り、背中を引っ掻いた。
その何かについて、土地に残る物語は何も伝えていない。

コメントする