山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

空っぽの長靴だけが必死に雪野原を横切ろうとしていた

      2017/11/22

352: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2006/08/09(水) 23:24:52 ID:N+fh+Xqp0
同級生の話。

彼は学生時代にフィールドワークをしていた山里で、何度か奇妙な体験を
したのだという。

朝一で雪野原に踏み込むと、外れの方にゴム長靴が一足落ちていた。
誰かが揃えて置いたかのように、きちんと上を向いて立っている。
そのまま気にも留めず、雪上で作業に取り掛かった。
しばらく経ってから手を休め、大きく伸びをしながら辺りを見回す。
「あ?」どこかおかしい。記憶にある景色と何かが違う。

「あ!」・・・足跡だ。
一体いつ刻まれたのか、彼のいる反対側、まだ誰も足を踏み入れていない
筈の雪面に、足跡が一列残されていた。
野原を半分くらい横切った辺りで、足跡は途切れている。
丁度そこに、先ほど見かけた黒い長靴があった。
ポツンと半ば雪に埋もれて。

不意に幻視に襲われた。
空っぽの長靴だけが、必死に雪野原を横切ろうとしている、そんな光景。
頭を大きく振って、その想像を打ち消した。
その日はまだまだその野原ですることが沢山あったのだ。
おかしな絵を連想してしまうと、どうにも落ち着かなくなる。
全力をあげて無視することにした。

すべての作業が終わる頃、もう一度だけ件の方向を眺めやった。
いつの間にか足跡は森の中へ続いており、あの長靴はもうどこにも見当たら
なかった。

コメントする