山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

アケビを土産にしようと行きかけると、友人がダメだと言った

      2016/03/10

420: N.W ◆0r0atwEaSo 2005/11/12(土) 08:58:10 ID:+JwEx3vi0
おはようございます。N.Wです。

知り合いの話

友人と山歩きをしている時、アケビがいっぱい生っているのを見つけた。
あんまり旨そうなので、土産にしようとそちらへ行きかけると、友人がダメだと言う。
「そっちは十二様のもんだからな」
じゅうにさまって何だ?と聞くと、天狗様だと言う。

「大丈夫、全部は採らないから」一歩踏出したとたん、何かが足元で弾けた。
(えっ?!)立ち止まり、下を向くと、更にビシッともう一つ。
小石かドングリかが、向うのアケビの方から飛んで来たようだ。
訳が解らず顔を上げると、今度は、礫に頬を打たれた。

「ほら、止めときな」友人が苦笑している。
諦めて踵を返し、先へ進んだ。
あっちの山でアケビは手に入れられなかったが、まるでその代わりのように、
こっちの山でむかごがどっさり採れた。

十二様の御山では、お許し無しに、落ち葉一枚持って帰る事も出来ない。
それがお一方なのか、たくさんおられるのか、はっきりとは誰も知らない。
ただ、不心得者が出ないよう、十二様はいつも御山を巡っておいでだという。
先日もハンターが二人、全身泥まみれになって降りて来たよ、と友人は教えてくれた。

「してみると、飛礫で済んで良かったと思う」
知り合いは真顔でそう語ってくれた。

コメントする