山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

鬼の腰掛けと呼ばれている石

      2015/10/30

232: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 04/12/18 03:07:52 ID:ji1NwHqN
知り合いの話。

彼の田舎の峠道には、鬼の腰掛けと呼ばれている石があるのだという。
昔、そこらの山には鬼がいて、峠を行き交う人を獲って喰らっていた。
獲物が通りかかるのを、その石に腰掛けて待っていたという伝承話だ。

数年前、帰郷していた彼は夜中にそこを通り過ぎようとした。
真っ暗な山の中、月明かりで道だけが白々と浮かび上がっている。

ギョッとした。
まだかなり距離はあったが、鬼の腰掛けに大きな黒い人影が腰を下ろして
いるのが見えたのだ。明かりも何も点けないままで。
こちらに気がついているのかいないのか、何も目立った反応はない。

鬼など信じてはいなかったが、まず近寄りたくはなかった。
結局、引き返して麓の道を遠回りして帰ったそうだ。

コメントする