山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

仲間三人で夏山を縦走していた時崩れかけた廃屋を見つけた

      2016/03/19

676: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2005/11/23(水) 21:32:53 ID:6HDfBrGD0
友人の話。

仲間三人で夏山を縦走していた時のこと。
崩れかけた廃屋を見つけたので、休憩がてらに入ってみることにした。
柱も畳も酷く傷んでいたが、それなりに涼しく快適だったという。

一休みした彼らは、屋内をうろついてみることにした。
部屋はどこも黴臭かったが、穴でも開いているのか明かりに困ることはない。
ぶらぶらと奥へ進んでいた彼らは、ある部屋の前で足を止めた。
そこだけは襖が朽ちておらず、閉ざされたままだったのだ。
よく見ると襖はまだ新しい物のようで、廃屋の中でそこだけ浮いて見えた。

「何でここだけ新しいんだ?」
疑問に思って引き開けると、中はぼんやりとしたオレンジ色で満たされていた。
数え切れないほどの蝋燭に囲まれて、白い布で覆われた雛壇が作ってある。
檀上には位牌が並べてあり、線香の匂いが流れてきた。
畳も柱も天井も、作られたばかりのようにピカピカに見えた。

そして部屋の真ん中には、白い木造の棺桶が据えられていた。

「失礼しましたっ」上擦った声で詫び、襖をできるだけ静かに閉めた。
抜き足で入口まで戻ると、そこから全力で走って逃げたのだそうだ。

コメントする