山にまつわる怖い・不思議な話(山怖まとめ)

山の怖い話、不思議な話をまとめています。

小屋にはなぜか塩壺が置かれていた

      2016/12/25

575: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 2006/01/31(火) 17:42:16 ID:4CCDlt3Y0
知り合いの話。

彼の実家の裏山には、もう使われていない火葬場跡がある。
現在はかなり崩れており、僅かに泥壁の一部が残っているだけだ。
彼のお祖父さんの時代までは、実際に使用されていたそうだ。

お祖父さんが言うには、小屋にはなぜか塩壺が置かれていたらしい。
荼毘に付す時、夜中に火葬場を覗く輩がよく出たそうで、そやつに塩を
撒いて追い払うためなのだという。

「寝ずの番していた時に、儂も何度か見たなぁ。
 気がつくと、キラキラしたでっかい眼だけが、入口から覗き込んでるんだ。
 強いて言えば猫の目に似てたかな。本体?見えたことないよ」

何が焼き場を覗いていたのかは、誰にもわからないままである。

コメントする